日本在宅医学会 20記念大会

The 20th Memorial Meeting of the Japanese Academy of Home Care Physicians

2018.4.29(日) 30(月・祝)

会 場
グランドプリンスホテル新高輪
国際館パミール
大 会 長
川越 正平 あおぞら診療所 院長
副大会長
山岸 暁美 慶應義塾大学/あおぞら診療所

日本在宅医学会第20回記念大会 市民公開講座について

事前参加申込みは終了しました。席に若干の余裕はありますので、聴講希望の方は当日会場にお越し下さい。

・市民公開講座の参加は無料ですが、参加申込みは1または2のいずれか1つに限ります。
・参加申し込みをされた方には聴講券を事前に発送しております。
・公開講座の会場には、聴講券をお持ちの一般の方から優先してご入場いただきます。
・サテライト会場(1F 白玉・紅玉)もご用意していますので、みなさまふるってご参加下さい。

       
市民公開講座1
市民公開講座1
市民公開講座2
市民公開講座2

市民公開講座1

テーマ:こどもたちの力で地域はもっとつながりあえる〜出前講座まちっこプロジェクト〜

日時:4月30日(月・祝)13:40〜15:50
会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 3F 白雲
募集定員:600名

プログラム
13:40~14:40 基調講演
地域で子どもを育てる、子どもたちが活躍できる地域づくり
尾木 直樹先生(教育評論家・法政大学特任教授)

14:40~15:50 シンポジウム
出前講座まちっこプロジェクト
司会:山岸 暁美先生(慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学教室)
シンポジスト
 「教育はみんなで」
  伊藤 純一先生(松戸市教育委員会)
 「まち・ひと・しごと」
  唐澤  剛先生(内閣府 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官)
 「まちっこプロジェクト:子どもたちの力で地域はもっとつながり合える」
  市場  卓先生(市場医院)
  尾木 直樹先生(教育評論家・法政大学特任教授)



市民公開講座2

テーマ:認知症、当事者の"記憶の杖"となって寄り添い続ける

日時:4月30日(月・祝)14:00〜16:00
会場:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール 3F 香雲
募集定員:600名

プログラム
14:00~15:00 基調講演
座長:井上博文氏(おれんじドア)
演者:
「認知症医療・介護 10の誤解」
 長尾 和宏氏(長尾クリニック)
「認知症とともによく生きるということ」
 丹野 智文氏(認知症当事者・おれんじドア)

15:00~15:20 認知症当事者対談
丹野智文氏、かっちゃん

15:20~16:00 シンポジウム
座長:江口 幸士郎氏(今立内科クリニック)
   安西 順子氏(ひぐらしのいえ)
シンポジスト
 伊藤 英樹氏(特定非営利活動法人井戸端介護)
 丹野 智文氏(認知症当事者・おれんじドア)
 かっちゃん(認知症当事者)